VRで現実と仮想世界を一瞬で行き来できる最新技術!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

UPSTARTSのぱみやすです

 

今回は最近とても流行っているVRについてお話ししたいと思います

VRとは?

まずVRとは「Virtual Reality」の略で、日本語で訳すと「仮想現実」という意味になります

コンピューターによって作られた仮想世界にあたかも現実世界にいるかのように体験できる技術です

 

VRって360度画面に囲われている感じなんでしょ?」って思った方、これは大きな間違いで、最近のVRは画面という概念すら存在せず、まさにその世界にいる感覚を味わえます

 

PS4のVRでバイオハザードをplayすると本気でパニック状態になります

また、PSVRのキャッチフレーズは「全ての夢が現実になる」ですが、適切な表現だと思います

多くの方が、prestation4などのゲームをplayする際にVRを使うイメージが強いと思います

ですが、最近ではゲームだけではなく色々な分野で活躍しています!

VRが使われている分野

音楽や高所体験などのエンターテイメントや、ショッピング、ファッション、アダルト、医療、建築、教育、など様々な分野で導入されています

医療

医療ではレントゲン写真で不調箇所を調べる場合、フィルムは二次元の情報にすぎないので、腫瘍の深さや、血管の裏側はわかりません、、、

しかし、VRを使えば、CTスキャン画像から立体的な像を作り出し、臓器や血管が手に取るようにわかります

また、手術の安全性を高めるために、VRでシュミレーションを行ったり、脳に傷害をおってしまった方の、認知リハビリテーションにも役立っています

建築

次に建築では、住宅設計は図面が基本でしたが、VRを使うことで、出来上がった空間が想像でき、
完成した時に図面とイメージが違っていたなどの問題も無くなります

教育

教育では、深海や宇宙など実際に行くことが難しい場所でもVRを利用して、体験でき、色々な国が教育に取り入れています

VRに参入している企業

このようにVRの市場は日々大きくなっていて、Facebook、Google、Microsoft、Appleなどの大企業も次々に参入しています

Facebook

特にFacebook社はVRの開発に力を入れていて、2014年春にOculus Riftの開発元である、オキュラスを20億ドル、日本円でやく「2200億円」で買収しています

またCEOのマークザッカバーグは、

コンピューターができ、インターネットが生まれ、スマートフォンが登場した。次のプラットフォームはVRだと考えています」と言っていて現在とても注目されています

VRの近未来

さらに、現実と仮想世界を一瞬で行き来できるような、超軽量のメガネのようなVRも思い描いているそうです

今後のFacebookにとてと期待されています!

 

まとめ

今回はVRについてお話ししましたが、皆さんの想像以上に最新技術が進んでいます

ARの最新技術の記事のリンクを貼っておくので、興味ある方はぜひご覧ください

→  ARの最新技術!部屋に仮想的な家具を配置できる!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る