ほとんどの人がわからない「IT用語だらけの桃太郎」を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

UPSTARTSのぱみやすです

みなさん、IT用語をいくつか知ってるでしょうか?

 

IT業界では普段つかいなれない用語飛び交うことがよくあります

IT業界に転職や就職を考えている方はある程度覚えておくといいとは思いますが、「本を読んで暗記する」等の勉強に時間を割く必要はありません

なぜなら、用語を覚えることよりも実際に使えることが重要だからです!

正直いつ、どんな時に、なんて用語が使われているのかは、実際に仕事をしている現場じゃないとわかりません

なので、「このような言葉を使うんだー」くらいでいいと思います!

IT用語だらけの桃太郎

少し前に流行った「IT用語だらけの桃太郎」を紹介しようと思います!

 

昔々、あるところにおじいさんとおばあさんがアライアンスを構築していました。

おじいさんが山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行くと、川上からデファクトスタンダードを遥かに上回る大きな桃が自然流入してきました。

アライアンス:同盟、連合、提携、縁故などの意味を持つ英単語。日本語のカタカナ語としては専ら企業間の提携、合弁、協業などのこと
デファクトスタンダード:業界の標準化団体や国際機関などの承認の有無に関わらず、市場動向や評価などにより事実上の標準規格として広く受け入れられたサービスや製品、規格など

「こんなバジェットの桃はみたことがない。SNSにアップしてから家で食べてライフログを記録しよう」

バジェット:予算、予算案
SNS:ソーシャル・ネットワーキング・サービス(Social Network Service)の略で、人と人とのコミュニケーションを促進し、社会的なネットワークの構築を支援するサービス
ライフログ:人間の行い(life)をデジタルデータとして記録(log)に残すこと

持ち帰った桃を割ってソースコードを表示してみると、中から大きな赤ん坊が表示されたのでイノベーティブな出来事でした。

ソースコード:プログラミング言語で記述されたテキストのこと
イノベーティブ:革新的な、刷新的な意味

「この子は命名規則に従って”momotaro.js”とネーミングしましょう」

命名規則:プログラミングを行う際に識別子の名称となる文字列を決定するためのルールを定めたもの
〇〇.js:JavaScriptファイルに付く拡張子(ファイルの種類)のこと

すくすくとグロースした桃太郎はある日、おじいさんとおばあさんにプレゼンテーションしました。

「ここまで僕をスケールさせてくださり、ありがとうございます。鬼ヶ島へ課題解決しに全力でフルコミット

グロース:成長
スケール:拡大・縮小する(この場合は拡大の事)
コミット:責任の伴う約束や目標や目的に対して積極的に関わる、引き受けるという意思表示のこと

“kibidango”という変数を付与された桃太郎は【アンチ鬼のナンバーワンソリューション】と書かれたタブレットマシンとウェアラブルデバイスを身につけて、鬼退治へのベストプラクティスを踏み出しました。

変数:プログラムのソースコード中で、データを一時的に記憶しておくための領域に固有の名前を付けたもの
ソリューション:企業が抱える問題・課題を解決したり、要望・要求を満たすことができる製品やサービスのこと
ウェアラブルデバイス:身につけて持ち歩くことが出来る端末(デバイス)のこと
ベストプラクティス:ある結果を得るのに最も効率のよい技法、手法、プロセス、活動などのこと

桃太郎がページを遷移していくと、イヌというタグを踏みました。

返り値で”kibidango”を返してくれたら、あなたと非同期通信します」

遷移:ボタンを押したりリンクをクリックすることで画面が異なるページへと変わること
タグ:情報部分と区別して構造定義や画面制御を行う命令部分のこと
返り値:プログラム中の関数やサブルーチンが処理を終了し、呼び出し元に処理の結果として返す値、戻り値と同義
非同期通信:データを転送する際に、送信側と受信側のタイミングの一致(同期)を気にせずにデータをやり取りすること

桃太郎の移動距離が昨対200%成長を果たすと、向こうからサルbotスパムを送りつけてきました。

「きび団子というベネフィットがもらえたら、あなたのクラウドサーバーに僕を保存します」

昨対:昨年対比の略。去年との比較、比率
bot:ロボットの略。人間に代わって自動的に実行するプログラムのこと
スパム:営利目的のメール等を無差別かつ大量に送りつける行為のこと
ベネフィット:利益、恩恵のこと
クラウドサーバー:クラウドサービスによって提供されるネット上のデータ保存領域・仮装サーバ。クラウド上に構築されたサーバーのこと保守:広くシステムの整備や点検を行うこと

桃太郎がユビキタス社会を歩いていると、向こうからキジがUBERに乗ってやってきました。

「きび団子というアドを出稿してくれたら、リスクヘッジを担当します」

ユビキタス:インターネットなどの情報ネットワークに,空間・時間を問わずアクセスが可能な環境や社会のこと
UBER:アプリからタクシーを呼べるサービス。指定した場所にハイヤーが来てくれる
アド:広告プログラム
リスクヘッジ:様々な起こりうるリスクを回避したり、その大きさを軽減するように工夫すること

桃太郎は数々のトライアンドエラーを乗り越えチームビルディングサクセスし、鬼ヶ島までコンバージョンしました。

トライアンドエラー:試行錯誤のこと
チームビルディング:一つの目標に向かって協力して進んでいける組織づくりや、チームをまとめる手法のこと
サクセス:成功
コンバージョン:ネット広告の分野では、広告や企業サイトの閲覧者が、会員登録や資料請求、商品購入など企業の望む行動を起こすこと

桃太郎は鬼達の登壇するピッチイベントでこうアナウンスしました。

「鬼のスパム行為は許さない。運営に報告する」

ピッチイベント:資料(ピッチ)をもとに、数分で自社のサービスや将来性を売り込む催しのこと
スパム行為:他のユーザーの迷惑になる行為をすること
運営に報告:Webサービスの管理者(運営者)にチクること

桃太郎達のアルゴリズムスプラッシュスクリーンのように跳びかかりました。

アルゴリズム:問題を解くための手順や手段のこと
スプラッシュスクリーン:アプリケーション起動処理中に画像を表示する技術のこと

イヌはそのするどい牙で、鬼の腕にアセットマネジメント

サルはそのするどいツメで、鬼の顔面をアーリーアダプター

キジはそのクチバシで、鬼の眼球を404 Not Found

アセットマネジメント:様々な資産の管理・運用を代行する業務のこと
アーリーアダプター:新たに登場した商品、サービスなどを、比較的早期に受け入れ、他のユーザーへ大きな影響を与えるとされる利用者層のこと
404 Not Found:Webサイト上で起こるエラーページのこと

「うわあ、まいった。イリーガルコーポレートガバナンスからはピボットする。どうかバイアウトさせてくれえ」

イリーガル:法律に違反していること
コーポレートガバナンス(企業統治):株主などが経営者の不正を監視することで、企業の不祥事を未然に防ぐ仕組みのこと
ピボット:方向転換や線路変更の意味
バイアウト:価格操作や経営権の獲得を目的とした企業買収のこと

鬼達から成果物を取り返した桃太郎達は、いつまでも幸せにブルーオーシャントップシェアを握りましたとさ。

ブルーオーシャン:競争のない未開拓市場でのこと。競争の激しい既存市場を「レッド・オーシャン」という
トップシェア:市場占有率がトップになること

 

めでたしめでたし♪

まとめ

IT用語だらけの桃太郎を紹介しましたが、IT用語ではなくプログラミング用語や投資用語もあるなーという感じでした!

冒頭でもいった通り、IT業界では普段つかいなれない用語が飛び交うことがよくあります!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る