AIと人類の未来!シンギュラリティと2045年問題とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

みなさんこんにちは!
UPSTARTSのSベンです!

AIの研究が加速する中で
「シンギュラリティ」という言葉が徐々に浸透しつつあります。

このシンギュラリティによる
2045年問題は人類の命運を大きく分ける出来事になるんです…

シンギュラリティとは?

まずシンギュラリティは日本語だと「技術特異点」
簡単に言うと、「AIの知能が人間を超える現象」を指します。

このレベルに達すると、AIはAI自身でより賢いAIを作っていくと言われています。
AlphaGoやSiriなどのような道具として使われるだけだった従来の「弱いAI」に対して、

これらは「強いAI」と呼ばれます。

2045年問題とは?

2045年問題を簡単に言うと、
シンギュラリティ以降は人間の頭脳では予測不可能な未来が訪れるかもしれない

という問題です。

人工知能の権威であるレイ・カーツワイル博士は、少なくとも2045年までには、
「人間とAIの能力が逆転するシンギュラリティに到達する」と提唱しています。

シンギュラリティに到達した場合、
AIはさらにすごいAIを自分で作るようになり、
その作られたAIがまたさらにすごいAIを作るというループが起こり、

人類は一気に置いていかれることになります。

 

現時点では2045年問題が現実化するかどうかは不明ですが、
シンギュラリティはいずれ起こり得るであろうと考えられます。

シンギュラリティの楽観論と悲観論

シンギュラリティによって、人間の生活は大きく変わることでしょう。
人工知能の権威たちの間では楽観論と悲観論が論じられています。

楽観論

まず楽観論では、
機械化・自動化による労働力の削減ベーシックインカムの導入などにより、
人間が ”生活するための労働” から解放されることで、
より豊かな生活や人生を手に入れることができると考えられています。

楽観論では、あくまで人間が主導権を握っていて
「人間の生活がより豊かになる」というものですね。

 

悲観論

次に悲観論では、
AIが人間の能力を超えることで「人間は機械に支配されるのではないか」と言われています。

まさにターミネーターの世界観ですよね。

現時点ではシンギュラリティ以降の世界は誰にも予想できないので、支配されるどころか
「人類が滅亡するのではないか」と指摘する論者たちも多く、警鐘を鳴らしているそうです。

 

まとめ

楽観論、悲観論どちらに転ぶにしても、
シンギュラリティが起こることにより世界が大きく変わるのは間違いないでしょう。

AIが暴走したときなどの制御機能が人類の生命線になりそうですね。
もしかしたらAIが人類最後の発明になるかもしれません…

信じるか信じないかはあなた次第です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る