MacとWindowsの機能の違い!出来ないことも紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

UPSTRATSのぱみやすです

 

パソコンを買おうと思った時にmacwindowsどっちにしようかと悩む人はたくさんいると思います

今回は、macwindowsの機能的な面からみてどう違うのかお話ししたと思います

 

まず、どちらもパソコンと言うことに変わりはないので、ぶっちゃけそこまで変わりません

例えば、プログラミングや動画の編集、学校のレポートなどどちらでも問題なく出来ます

なので、どちらかがいいかはみなさんが「何をしたいか」で決まります

 

windows

 

将来的に、大規模な開発やシステムを作りたい場合はwindowsの方が便利に使えます

理由は、多くのユーザーが使用しているため、同じような環境で開発でき、

サイトなどですぐ確認することができるからです

 

世界のシェア率で見ると2017年10月の段階で約90パーセントを占めています

 

また、windowsの方が、出来ることがmacより沢山あります

なぜなら、使えるソフトやハードウェアがmacに比べて圧倒的に多いからです

 

mac

 

動画の撮影や編集をしたいならmacがおすすめです

初めから入っているiMovieやQuickTime Playerなどを直感的に動かす事ができ

初心者でも簡単に 動画の編集や撮影をする事ができます

 

デザイナーの方はディスプレイが綺麗だからmacの方がいいと言う方もいます

 

iPhoneやiPadをよく使う方は、同期をする事で、端末で書いたメモや撮影した写真を、macで開く事ができます

 

お互いに出来ないこと

 

macやwidowsではなと出来ないこともあります

 

PC用のゲームを開発したい場合、C#というプログラミング言語を使います

こちらはwindowsでしか作成することが出来ません

 

逆にiPhone用のアプリを開発したい場合は、Swiftというプログラミング言語を使う必要があり、

macでしか作成することは出来ないのでmacを選ぶ必要があります

 

それぞれの機能

 

ぱみやすが個人的に好きな機能はmacだったらデスクトップをいくつかに分割出来ることと、

 

マウスを使わずにトラックバットで直感的に動作出来ることです

 

windowsだったら、windowsキーのショートカットキーが便利だったり、

 

先ほど言ったように使えるソフトが多いので、やりたいことがすぐに出来ることです

 

まとめ

このようにmacとwindowsでは自分がやりたい事で選ぶのがいいと思います

ですが、簡単な事しかしない方や、とりあえずPCが欲しい方はデザインや値段で選んでもいいと思います

まだ、どちらか決められなよって方がいたらデザインや値段で比較してる記事をを参考にしてください

MacとWindowsのデザインを徹底比較!以外と知らない違い!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る