漫画村の影響で日本からマンガが消える?出版業界の危機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

みなさんこんにちは!
UPSTARTSのSベンです!

 

最近話題の漫画村をご存知でしょうか?
簡単に言うと、世に出回っているマンガが無料で読めてしまうサイトになります。

 

「それって違法じゃないの?」という疑問が浮かびますよね?

今回は漫画村が閉鎖されない理由と漫画村が与える影響についてお話していきます。

 

漫画村が閉鎖されない理由

なぜ明らかに違法っぽいのに閉鎖されないかというと、

漫画村は違法アップロードされたマンガの画像を引用してリンクを表示しているだけで、
悪いのは違法アップロードしてる人たちであり、漫画村自身は合法であると主張しています。

 

見事に法の穴をついてきているため即閉鎖などがされていない状態です。

 

漫画村が与える影響

マンガが無料で読めるなら読むという行動は当たり前だと思います。

誰だってお金を払わずに楽しめるならそうします。

 

しかし読まれる側、つまり漫画家の目線で考えてみてください。

 

 

漫画家がマンガを書く

↓↓

お客さんが買う

↓↓

そのお金から漫画家はお給料をもらっています。

 

しかし漫画村ではお金を払わず無料で読めてしまう。

つまり漫画家はマンガを書いてもお給料がもらえなくなる

 

そうなると漫画家は食えなくなり、減っていくことになります。

 

 

 

 

すると何が起こるかわかりますか?
世の中に面白いマンガが生まれなくなるという事に繋がるんですね。

 

マンガ好きの皆さん、それってやばいと思いませんか?

 

出版業界も変化が必要

漫画村の前はフリーブックスというサイトが流行っていました。(フリーブックスは閉鎖)
漫画村もそのうち閉鎖されると思いますが、どうせまたすぐに次の媒体が出現します。

となるといたちごっこ状態が続くので、
出版業界は別のマネタイズ方法を考えるしかないのではないかと思います。

 

まとめ

Sベンは漫画村でマンガを読む人を否定はしません。

ですがマンガ好きならマンガを守るために、読んで面白かったらちゃんとを買いましょう。
そして出版業界もビジネススタイルを大きく変える必要があると思います。

※この記事で書いたことはあくまでSベン個人の意見になります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る