知らないとヤバイ、無料WiFiの危険と3つの対策法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

みなさんこんにちは!
UPSTARTSのSベンです!

 

普段Wi-Fi使ってますか?

最近ではカフェやファミレス、コンビニなどいたるところで
「無料Wi-Fi」が使えるようになってきています。

 

通信制限が気になる昨今では、
無料Wi-Fiは誰でも自由に使える便利なサービスです。

しかし便利な一方で、

・盗聴
・ウイルス感染
・乗っ取り

などの被害が多発していることをご存知でしょうか?

 

今回は無料Wi-Fiの
「危険性と対応策」についてお話していきたいと思います。

 

被害内容

具体的な被害内容としては、
通信内容を盗み見される

例えばネットバンクで入力した口座番号やパスワード、
通販サイトの買い物でクレジットカード決済を行う場合、

そのカード情報を盗み見される危険性があります。

 

次に「不正アクセスやウイルス感染

スマホやパソコンが勝手に操作され、保存している連絡先や個人情報、
プライベートな写真がコピーされるなど犯罪に悪用される可能性があります。

一般に開放されている無料Wi-Fiスポットは、利便性が優先されるため、
安全性はどうしても低くなってしまいます。

 

また無料Wi-Fiスポット付近では、
悪質な犯罪者がパスワードを設定していないWi-Fiを公開していることが多いです。

お店が提供しているWi-Fiに接続したつもりが、
見知らぬWi-Fiに接続していたなんてこともあり得ます。

 

対策法

ではこれらの被害を防ぐための対策法を3つ紹介します。

対策法①

まず1つ目は「正体不明のWi-Fiに接続しない」ことです。

お店が提供しているWi-Fiに接続しているかをちゃんと確認するようにしましょう!
間違っても正体不明のWi-Fiに接続しないようにしてください。

 

対策法②

2つ目は「個人情報が含まれるものを使わない」ことです。

例えばログインが必要なページだと、ログイン情報が盗まれてしまったり、
その他個人情報を抜かれる可能性があるので、

無料Wi-Fiを使用する際は、WEBページ閲覧程度にしておくのが無難です。

 

対策法③

3つ目は「常にWi-Fi接続設定を許可にしない」ことです。

Wi-Fi接続設定を常に許可にしていると、
知らぬ間に正体不明のWi-Fiに接続してしまう可能性があるので、

Wi-Fiを使わないときは、接続設定をOFFにするようにしておいてください。

まとめ

 

無料Wi-Fiスポットは便利ですが、
便利さの裏に危険が潜んでいることを踏まえたうえで利用することが重要です!

はい、では今回は「無料Wi-Fiの危険性と対応策」についてお話していきました。

ではまた次回!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る