今さら聞けないクラウドサービス!便利クラウドも紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

UPSTARTSのぱみやすです

皆さん「クラウド」という言葉を聞いたことありますか?

聞いたことはあるけど、意味を理解してる人は少ないと思います!

ちなみにこのイケメンではありません笑

今回は「クラウド」について分かりやすく説明していきます!

名前の由来

まず、なぜクラウドと呼ばれているのかは諸説ありますが、どこにあるかわからないインターネット(雲)の
向こう側のサービスを利用していることから、クラウド(cloud=雲)と呼ばれるようになったといわれています!

昔からネットワーク図を表現するときに雲を使っているからなどの説もあります。

クラウドとは?

クラウドとは、データを自分のパソコンや携帯端末の本体ではなく、インターネット上に保存するサービスのことです。

インターネット上にデータがあるため、自宅、会社、満喫、学校などさまざまな環境パソコンやスマホからデータを閲覧、編集、アップロードすることができます!

クラウドを使うことで、いつ、どこでも、何からでもデータに触れることができます!

クラウドサービスの種類

メール

身近な例だと、「Gmail」や「Hotmail」などのメールサービスが当てはまります。

Webメールのデータはパソコン上ではなく、すべてインターネット(クラウド)上にデータの保管場所があるため、

アカウントさえ持っていれば、ブラウザを通してどの端末からでもメールを利用することができます。

オンラインストレージ

では、いくつか便利なクラウドサービスを紹介しようと思います。

まずオンラインストレージ系のクラウドサービスですが、「Dropbox」や「Googleドライブ」「iCloud Drive」「OneDrive」などがあります。

ファイルを保存しておけるだけでなく、共有をしたり、複数人で編集をすることもできます!

データのバックアップを取っておくなどにも使えますが、無料で使えるファイル容量の上限が限られています。

ドキュメント

次にドキュメント系のクラウドサービスですが、「Googleドキュメント」や「Evernote」「Simplenote」があります。

Evernote、Simplenoteはメモが保存しておけるクラウドサービスです。

スマホでメモをした内容タブレットやPCで確認、編集することができます。

ツール

次に便利ツールです。

スケジュールの同期、共有、管理ができる「Googleカレンダー

 

気になったWebページをクラウド上に保存でき、あとからネットのない環境でもWebページを読むことができる「Pocket

 

ビジネスチャットツールの「チャットワーク」などがあります。

 

企業単位

最後に個人単位ではなく企業単位で使われている三大クラウドサービスを紹介します。

Amazonが提供するAWS(Amazon Web Service)

Microsoftが提供するAzure(アジュール)

Googleが提供するGCP(Google Cloud Platform)

まとめ

はいこのように、企業単位だけではなく個人単位でも色々なクラウドサービスが提供されています!

クラウドサービスはとても便利なので、みなさんもぜひ使ってみて下さい!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る