ビットコインとは何か?世界一やさしい解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

みなさんこんにちは!
UPSTARTSのSベンです!

 

最近ニュースなどでビットコインが分裂しただの
値上がりしただの、世間を騒がせていますね。

 

今回は「ビットコインとは何か」をわかりやすく解説したいと思います!

 

 

ビットコインとは?

ではまずビットコインが何かを一言で言うと、

仮想通貨」になります。

 

通貨なので、円やドルといったお金(貨幣)と同じ部類になるのですが、
ビットコインとお金には決定的に違うところが3つあります。

 

お金との違い①

一つ目は、「紙幣や硬貨が存在しない」ことです。
ビットコインはインターネット上で使用する通貨なので、紙幣や硬貨という実体はありません。

また世界中どこでも使用する事ができる通貨になります。

 

お金との違い②

二つ目は、「発行・管理をする組織がない」ことです。

一般的なお金は各国の中央銀行が発行・管理を行っています。
日本円で言うと、日本銀行がそれに当たります。

 

しかしビットコインには中央銀行のような管理をする組織がありません。

じゃあどういう仕組みで成り立ってるかと言いますと、
世界中のビットコイン利用者によって管理が行わています。

 

お金との違い③

三つ目は、「発行総量が決まっている」ことです。

一般的なお金は中央銀行が印刷する限り、
無尽蔵に増やすことができますが、

ビットコインは発行総量が決められています。
(最大2100万ビットコイン)

 

 

別のものに例えて解説

ではここでビットコインをわかりやすく別のものに例えてみたいと思います。

先ほどビットコインの特徴として、

発行・管理をする組織がない
発行総量が決まっている

とお話ししました。

 

つまり「発行してる組織がなく、地球上には一定量しか存在しないもの」です。

 

 

あれ…?
これって何かに似ていませんか?

 

そうです、この条件に当てはまるのは
金やプラチナといった「貴金属」です。

 

ビットコイン = 貴金属

とイメージするのが一番理解しやすいと思います。

 

 

例えば金は地球上に埋まっている絶対量が決まっているため、高値で取引されていますよね?

ビットコインも同じイメージです。

 

ならビットコインを集めまくれば金持ちになれるじゃん!と思いきや、
もしビットコインの信用が崩れてしまった場合、

価値がゼロになってしまう可能性もあるのです。

 

 

まとめ

2017年の始め頃からビットコインの価値が急騰しているため、
投資家たちの間でホットな話題になっている状態です。

数年前から投資していて「億り人」になった人がどんどん生まれています。

うまいこと投資すれば億万長者になるのも夢ではないかもしれません!

 

はい、では今回はビットコインについて解説していきました。
ではまた次回!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る