ARの最新技術!部屋に仮想的な家具を配置できる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

UPSTRATSのぱみやすです

 

最近「ポケモンGO」が大流行し、「AR技術」という言葉を耳にした人も多いのではないでしょうか

今回はARについてお話したいと思います

そもそもAR技術とは?

まずARとは「Augmented Reality(オーグメンテッド・リアリティー)の略で、日本語で訳すと「拡張現実」という意味になります

コンピューターによって作られたCGにより、別の情報を加え現実世界を拡張する技術です

みなさんが知っている「ポケモンGO」や「SNOW」はAR技術が使われていて、現実世界の映像に対し実際にその場にない物を一緒に映し出し、風景を拡張しています

 

人気マンガの、「ドラゴンボール」に登場する「スカウター」や

「名探偵コナン」に登場する「追跡メガネ」もARの技術を使っています

VRとARの違い!

ARがどんなものか何となく理解頂けたでしょか?

現実世界で人が感知する情報に、「何か別の情報」を加えて表現するARに対し、VRは仮想現実の略で現実とは重ならない仮想世界を作りだす技術です

 

大きな違いは、ARは現実世界がベースですがVRは仮想世界そのものを体験できることです!

VRについてもっと詳しく知りたい方は「VRで現実と仮想世界を一瞬で行き来できる最新技術!」を参考にしてください!

 

また最近では「MR(Mixed Reality : 複合現実)」や「SR(Substitutional Reality:代替現実感)」といった言葉を耳することの多いのではないでしょうか?

AR技術が使われているアプリ

次にAR技術が使われているものをいくつか紹介します

メディカAR

 

1つ目はメディカ出版が発行しているメディカARです

教科書に専用アプリのカメラをかざすと、テキスト内のコンテンツが3Dグラフィックとなって目の前に表示されます

こちらは医療関連のコンテンツなどでとてもわかりやすく学ぶ事が出来ます

アメミル

 

2つ目は雨が降るタイミングを教えてくれる天気予報アプリのアメミルです

カメラを目の前にかざすと景色に天気情報が組み合わさり、天気を確認できます

また、日本全国の降雨状況を衛星から見ているかのようなリアルな映像が体験できます

Google Translate

 

3つ目はGoogle Translateです

カメラで写したテキストを認識して瞬時に画面上で翻訳してくれるアプリです

こちらのアプリは2015年頃からありましたが、最近ついに日本語の翻訳にも対応しました

翻訳スピードは非常に速いものの、精度はまだそれほど高いとはいえませんが、

看板やメニューなどの単語や短文を翻訳したい場合や、海外旅行などでは大いに役立ちそうです

ARの最新技術

このようなにゲームだけではなく、教育や便利ツールなどにもARが使われています

最近では、アップルが「iOS 11」を2017年9月に公開し、iPhoneとiPadが正式に拡張現実(AR)機能に対応しました

ARKit

こちらは「ARKit」という技術が使われていて、端末側に特別なセンサーがなくてもアプリをAR対応にする事ができます

ポケモンGOや先程お話した3つのアプリは単純に現実世界にCGを重ねているだけのものですが、
「ARKit」は、現実世界と仮想世界の物体のサイズ感を一致させたり地面やテーブルなどの上に仮想的な物体を“置く”ことができ、より現実に即した体験ができます

もののサイズを測ったり、家具を配置できるHousecraftはARkitを用いています

 

まとめ

AR技術は爆発的に成長しており、さまざまな業界で利用され始めています

いずれARなしの生活が考えられない時代が到来するでしょう

 

[想像できることは、全て現実なのだ]

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る