無人店舗?Amazon Goを徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

皆さんこんにちは!
UPSTARTSのSベンです!

 

コンビニやスーパーで
レジ待ちが長くてイライラしたことありませんか?

 

今回はそんな悩みを解決してくれる
Amazon Go」という最新サービスを紹介したいと思います!

 

Amazon Goとは?

 

 

まず「Amazon Go」はAmazon本社にあるコンビニです。

しかし一般的なコンビニと大きく異なるのは、

レジがない」という点でしょう。

 

レジがないとなると、

「支払いはどうするの?」
「万引きできちゃうんじゃないの?」

などの疑問が浮かんできますね。

 

ではそこら辺を踏まえて
「Amazon Go」での買い物の流れを紹介していきたいと思います。

 

買い物の流れ

まず店の外観

 

で店の中に入ると、改札のようなゲートがあります。

 

このゲートを通過するには専用のアプリで入店用のバーコードを表示し、それをかざします。

 

無事ゲートを通過したら買い物開始!

 

コンビニのように商品が並んでいるので、欲しい商品を棚から持ち上げると…
なんとアプリのカート内にその商品が自動的に追加される仕組みになっています!

 

購入をやめる場合は?

そんなときはその商品を棚に戻すと、
ちゃんとアプリのカート内から自動的に削除されるようになっています。

で買い物が終わったら入店時に通ったゲートを再び通って外に出れば完了です。

 

商品代金の支払いはアプリ内に登録してある
クレジットカードから引き落とされます。

 

どうでしょうか?
すごく革新的で便利なサービスですね!

 

どんな仕組み?

ここがポイントになってくるところです!

結論から言うと、カメラマイクといったものから、
赤外線圧力重量センサーなどあらゆる技術を駆使して、

人物を特定しその人が何を手に取って、
何を戻したかなどの動きを細かく認識できるようになっています!

商品のパッケージだけでなく、
ユーザーの手などもちゃんと識別するらしいので驚きです!

 

まとめ

まだ予定はありませんが、
いずれ日本にもこういう店舗ができてくると考えるとワクワクしますね!

無人店舗がコンビニやスーパーでの新常識になるのか!?
今後が楽しみです!

ではまた次回!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る