Amazon Echo 話すだけで何でもやってくれる家電

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

みなさんこんにちは。UPSTARTSのSベンです!

 

いきなりですがこの黒い筒状の物体、
何かわかりますでしょうか?

 

はい、これが噂の「Amazon Echo(アマゾンエコー)」です!

 

これでいったい何ができるかをザックリ言いますと、
こいつに話しかけるだけで、なんでもやってくれてしまうんです!

どういうこと?と疑問に思われた方も多いと思うので、
どういう仕組みになってるかを説明したいと思います。

 

 

仕組み

このアマゾンエコーは、
Alexa(アレクサ)」というものを利用できる家電デバイスになります。

アレクサは、Amazonが作った人工知能のことで、
音声認識で様々な操作を実行してくれるユーザーインターフェースになります。

 

iPhoneのSiriありますよね?

 

あれのもっとすごい版と思ってくれればOKです!

 

使い方としてはまず「アレクサ」と呼んで、
そのあとに「~して」という感じになります。

 

アイアンマンのトニースタークが人工知能に命令しているイメージです。

 

 

何ができる?

具体的にどんなことができるかというと、
音楽の再生アラームのセットといったものをはじめ、

~買っといてと言えば注文してくれますし、
今日の天気は?」などの質問にも答えてくれちゃいます。

 

またニュースやkindle書籍の読み上げも可能で、他の家電とリンクさせることで、
テレビつけて」とか「電気消して」とかも可能になるようです。

 

さらには他社や開発者がAlexaを利用したサービスを展開できるように、
アレクサスキル」という開発キットが提供されているので、

ドミノピザでピザを注文したり、
Uber(配車アプリ)でタクシーを呼んだりすることも可能です。

 

このスキルも現在で15000個ほどあるそうなので、
まさに話しかけるだけでなんでもできちゃう状態、

ボイスファースト」の時代が目前に迫ってきています。

 

 

最後に

アメリカではこのアマゾンエコーがバカ売れしていて、
日本でも2017年11月15日から発売が開始されています。

アメリカの流行の少しあとに、日本でも流行するので、
日本でもバカ売れするのは時間の問題でしょう!

 

今回はアマゾンエコーやアレクサについてお話ししていきました。

ではまた次回!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る