完全未経験が独学でプログラマになるまでの話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

みなさんこんにちは!
UPSTARTSのSベンです!

今回は僕がパソコンもろくに触ったことがないレベルから
独学でプログラミングを身に付け、プログラマになるまでのお話をしたいと思います。

 

きっかけ

まず僕がプログラマになったきっかけは、あるドラマの影響なんです。

【リッチマン、プアウーマン】っていうドラマがあるんですけど、
小栗旬扮する日向徹がIT企業の社長で、

こんなんなってプログラミングしてて、クッソかっこよかった訳ですよ。

 

それで「ITやべー!」ってなって
それまでパソコンなんてろくに触ったことなかったんですが、
友達がIT企業で働いていたのですぐさまそこに転職しました。

 

転職して勉強

そこでパソコンの基礎知識を学んで、
いざプログラミングの勉強を始めようとしたら、
種類がたくさんあると知り、どの言語にしようかなってなって調べました。

結果Facebookが最初はPHPを使ってたと知ってペチパーの道を選びました!

 

PHPを学ぶにはまずHTMLとCSSの知識が必要なので勉強しました。
ちなみに初めてHTMLを見たとき、吐き気を催しました(笑)

 

そしてようやくPHPの勉強始めたんですが、
変数に値を格納とか「これ何のためにやってんの?」状態でしたね。

ネットでは変数は箱みたいなものですって書いてあって
なんでわざわざ箱に値を入れるねんって感じでした(笑)

 

引き続き勉強してたら今度はデータベース?
「また新しいものが出てきた…」ってけっこう絶望した記憶があります(笑)

さらに勉強を進めるとJavaScriptだのjQueryだの出てきて、
「あっこれ永遠に勉強が必要なやつだ…」って悟りました(笑)

 

それであるとき独学より、
仕事としてやった方が成長するなって思い、プログラマに転職しました。

 

まとめ

パソコンをほとんど触ったことがないレベルからでも、
独学で勉強をしてプログラマになることができたという実体験をお話しました。

自分は主にドットインストールを使い勉強をしていました。
やはりプログラミング独学においては動画が最強のツールだと思います!

 

独学勉強法を他の記事で紹介していますので、そちらも見てみてください!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る