プログラミング言語 難易度ランクを発表!【2018年版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

UPSTARTSのぱみやすです

今回はプログラミング言語 難易度ランクを発表しようと思います !

数値的にどの言語が難しいとかのデータがあるわけではないので、ぱみやす主観的な感覚と色々な方のブログや意見で難易度ランクを付けていきますね!

Dランク

HTML,CSS

 

こちらはプログラミング言語ではなくマークアップ言語と呼ばれています

webサイトをデザインするために使用される言語で、難易度は低めになっています

Cランク

PHP,JavaScript,Ruby,Perl

 

こちらは主にWebで使用するプログラミング言語になります

JavascriptとかPHPとかで若干の難易度の違いはありますが、大きな括りとしては同じにします

プログラミング言語の中では難易度は低めになっています

Bランク

Python,Java,Swift,Kotlin,Go,C#

 

こちらも言語によって若干の難易度の差はあります

PythonはAIなどの機械学習に使用される言語です

Java,Kotlin,Swiftは主にアプリ開発に使用される言語です

GoGoogleによって開発された言語です

C#は主にゲーム開発に使われる言語です

難易度は普通で、初心者でも一番最初に学ぶ言語に選ぶことも可能です

Aランク

C,C++

 

C言語は現在広く利用されているプログラミング言語の中では、比較的歴史の長い言語になります

昔から存在しているにもかかわらず、現在でも人気が衰えることのない安定した言語です

ですが、人間よりも機械に近い言語で、構文(コードの書き方)自体もあまり読みやすいとは言えません

難易度は高めで初心者の学習には少しハードルが高いと言われています

Sランク

Haskell,LISP,Erlang,Scala,OCaml

 

こちらは関数型言語と呼ばれるプログラミング言語です

関数型プログラミングとは、解決しようとする問題に対し、その問題の性質関数の組み合わせで記述するプログラミング手法です

難しくなってしますので詳しい説明と言語別の説明は割愛します

難易度はとても高くプログラミング経験者でもとっつきずらい言語です

まとめ

関数型言語は効率よく開発できる言語として採用している企業も増えてきています

ですが、難易度が高く使える人材が少ないのが問題視されています

初心者の方はまずC,Bランクから勉強するのがいいと思います

プログラミング経験者はぜひ関数言語に挑戦してみてください!!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る