みなさんこんにちは!
アップスターツのSベンです。

エンジニアになった今だからこそ逆算すれば、効率よくエンジニアになる方法がわかります。
思い返してみると、僕も昔は非効率的なことばかりしていたなと思います。

今回はエンジニアになる前の僕に伝えたい、効率よくエンジニアになる方法をお話します。

勉強の期日を決めろ

人間は期日を設けないと惰性でダラダラ過ごしてしまう生き物です。
なのでいつまで勉強するか期日を設けることが大切です。

僕も独学時代に期日を特に設けていなかったので、
タラタラ勉強してしまっていたときが多々ありました。

例えば3ヶ月とか期日を決めることで、気が引きしまります。
その結果、学習スピードが上がりより早く身につくということです。
この期日もあまりに長すぎると気が緩んでしまうため、
基礎の部分は1ヶ月など細かく期日を設けることをおすすめします。

ソシャゲーをアンインストールしろ

僕は独学時代にパズドラやモンストにドハマりしていたので、
それらに時間を奪われなかなか勉強に手が付かないときがありました。

エンジニアになるはやでなりたいのに、ソシャゲーに時間を割いていたら本末転倒なので、
いかにソシャゲー欲を抑えるかが勝負の分かれ目になってきます。
もういっそのこと「アンインストールしてしまう」のが勉強を成功させる近道です。
さすがにそれは無理という方は、勉強中はスマホを手元ではなく遠くに置いておくといいでしょう。

独学は他の欲望との闘いなので、
それらをいかにシャットアウトできるかが鍵となります。

フレームワークを勉強しろ

僕の場合は独学時代にフレームワークの存在を知らなかったので、
企業に入ってから勉強することになりました。

勉強している言語のフレームワークで、
どれが今よく使われているのかを調べ勉強することをおすすめします。

企業では大半が何かしらのフレームワークを使用しているので、
フレームワークの知識があれば採用される確率も上がるでしょう。
僕は企業に入ってからフレームワークに出会い、
「なんて便利なものなんだ…」ととても感動した記憶があります。

さっさと転職しろ

独学の期間も大事ですが、
やはり実際の現場で働くというのが一番成長スピードが速いです。

そしてエンジニアとして働く上では、
どんな業務やプロジェクトの「実績」があるかが重要になってきます。
成長スピードを上げ、実績を作ることを意識すると、
成長するしかない環境に飛び込んでしまうのが一番効率がいいです。

なので独学の期間をぎゅっと凝縮させて、なるはやで転職することをおすすめします。

自社開発の企業を選べ

いろんな業態の企業がありますが、一番おすすめなのは自社開発の企業です。
SESのようにいろんな企業を渡り歩くよりも、
ひとつの企業で専念して修行を積んだ方が効率がいいからです。

また自社開発であればモダンな技術で開発してることが多く、
上流行程から下流行程まで幅広い仕事をふってもらえる可能性もあります。

特に未経験からの転職の場合は、
自社開発の企業を選んでおけばまず間違いないでしょう。

まとめ

今回話した内容をまとめると、
勉強期間を設定&ソシャゲーをアンインストールしてフレームワークまで勉強。
そしてさっさと自社開発の企業に転職するべし

これが効率よくエンジニアになるための手段として僕が出した結論です。
逆算して出した結論なので、大方は間違ってはないと思います。
エンジニアを目指す方の参考になれば幸いです!

おすすめの記事