プログラミングは誰でも習得できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

みなさんこんにちは!
アップスターツのSベンです。

今回はプログラミングをこれから勉強しようとしている方
勉強して挫折しそうな方向けのマインドセットの動画になります。

学習で一番大切なこと

改めて言うまでもないですが、人ぞれぞれ脳のスペックは異なります。
なのでプログラミングの学習をして1ヶ月で習得できる人もいれば、1年かかる人もいます。

もちろんスペックが高いに越したことはないですが、
一番大事なのは習得するまでやり切れるかどうかです。

つまりどれだけ時間がかかったとしても、
やり切れば誰でもプログラミングは習得できるんですよ。

全てに共通する「やり切る力」

ちなみにこれはプログラミングに限った話ではなく、全てに共通するものです。

例えば東大受験で何浪したとしても受かってしまえば「東大生」ですし、
司法試験だって何回受けたとしても受かってしまえば「弁護士」になれます。
プログラミングも学習に時間がかかったとしても習得さえできれば
「エンジニア」になることができます。

僕は独学でプログラミングを勉強してエンジニアになり、今はフリーランスとして働いています。
これは僕が独学時代にやり切ったからこそ、今のキャリアがあるということです。

元々勉強嫌いでFラン大学中退の僕でもフリーランスになれるんだから、
誰でもなれるでしょというのが僕の正直な意見です。

どうして挫折してしまうのか?

プログラミング学習で途中で挫折してしまう人は、
どうして挫折してしまうのかを考えてみたところ、

プログラミング習得までのハードルを低めに設定しすぎているのではないか?」
という一つの結論に至りました。

仮にも言語の習得なので、
ちょっとやそこらの勉強では天才じゃない限り身に付きません。
大多数の人は天才ではないので、習得できるまで時間をかけて勉強する必要があります。

英語の習得に時間がかかるのは誰でも想像できますよね?
プログラミングもそれと同じでコツを掴むまでに少し時間がかかります。
その心構えを持ったうえで勉強をすれば、挫折する人も少しは減るのではないかと思います。

向き不向きはあるのか?

プログラミングの勉強を実際にしてみて
「自分には向いてないから諦めよう」という人がいるかと思います。
果たして本当に向き不向きはあるのでしょうか?

僕の結論としては ”ほぼ無い” と思っています。

というか「自分には向いてない」と思ってしまう人のほとんどは、たいして勉強していないでしょう。
なので向き不向きを判定できるレベルにすら達してないんですね。

例えばポケモンで四天王に挑戦して負けたとしても
「俺ポケモン向いてないわ」とはならないじゃないですか?
「もっとポケモンを育成しなければ…!」という考え方になるはずです。

プログラミング学習でももう少し粘ってから結論を出しましょう!

まとめ

今回話した内容が前提知識としてあれば、
挫折する人を少しでも減らせるかなと思いこの記事を投稿しました。
勉強に限らず何をするにしても結局はマインドが一番重要になってきます。

いろいろ手を出して何も続かないという人は、
まずはマインドセットから整えた方がいいかもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る