UPSTARTSのぱみやすです

いざWebサイトを作ろうと思っても、「どうやって作ればいいのか分からない」という方は多いのではないでしょうか?

しかし本来、Webサイト作りはそんなに難しいものではありません!

まずは作成手順を把握することが大事なので今回は、「Webサイトの制作手順」を4ステップに分けて説明します!

企業や案件によって違う場合はありますが、ざっくり分けるとこのような手順に分けることができます!

企画
設計
制作
公開

では順に見ていきましょう!

企画

作成の目的を明確にし、掲載内容を決定していきます!

そもそもなぜWebサイトを作成するのか?」という根本的な部分をはっきりさせておく必要があります。

どんどん集客したい!と

名刺みたいなものでいいよ。と

考えている場合では、作成方法が変わってきます。

目的が決定したら、その目的を達成するために必要な内容を考えます。

会社のWebサイトであれば、「事業内容」「連絡先」「アクセス」などの情報が必要だと考えられます。

目的を明確にし、掲載すべき内容をすべて洗い出すことが重要になります!

設計

企画が終わったら、具体的にWebサイトを設計していきます!

必要な情報を種類ごとにまとめて、関連付けて構成を組み立てていきます。

Webサイトの階層構造カテゴリーなどの構造を明確にします。

サイト全体の構造が決まったら、各ページの構造を決めていきます!

制作

設計が終わったら、いよいよ制作段階に入ります!

デザイン

まずはWebサイトのデザインを作成します。

Webサイト全体の配置や配色、使用するフォントなど細かく決めていきます。

データ準備

次にデザインに合わせてテキストや画像を用意します。

コーディング

これらの用意が終わったらいよいよコーディングに入っていきます。

Webブラウザで閲覧できるように、「HTML」や「CSS」などの言語で記述していきます。

検証

そして、表示崩れは無いかやページにしっかり遷移するか等の検証をローカル環境やテスト環境で行います。

公開

Webサイトができたらいよいよインターネット上に公開します!

こちらは色々やり方はありますが、今回は簡単な一例を紹介します。

ドメイン

まずドメインを取得します。

ドメインとは、「インターネット上におけるWebサイトの住所表示」のようなもので、.com.co.jpの部分のことです。

サーバー

次にサーバーをレンタルします。

xサーバーさくらサーバー等のサーバーをレンタルし、そこに今回作ったWebサイトの「HTMLファイル」や「画像ファイル」などをアップロードします。

作成したファイルをすべてアップロードすると、Webサイトがインターネットに公開されます!

検証

最後に各ブラウザーやスマートフォン、タブレットで確認をすれば完了です!

まとめ

デザイナーやフロントエンジニアを目指している方でも、Web制作のフローを把握しておくことは重要になってきます!

Web制作はそれぞれの段階をしっかり踏むことが重要になってきます!

おまけ

Webサイトとホームページの違いをお話しします!

WebサイトとはWebページの集まりのことを言います!

ホームページとはWebサイトを立ち上げた時に最初に表示されるページのことです!

ですが、TOPページ(立ち上げた時に最初に表示されるページ)だけではなくログインページや求人のページをホームページと呼ぶ場合があります。

本来は違った意味で使われますが、今の日本ではWebサイトの事をホームページと呼ぶ場合があります。

どうしてそうなったかは定かではないですがホームページは日本でしか通じない言葉らしいです笑

おすすめの記事