【必見】エンジニアに向いてる人の意外な5つの条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

みなさんこんにちは!
UPSTARTSのSベンです!

 

ソニー生命保険が2017年に行った調査によると、
ITエンジニア・プログラマー」がなんと一位に輝きました!

 

今回は年々注目されつつある
プログラマに向いてる人の意外な5つの条件」を紹介していきたいと思います!

 

プログラマに向いてる人の条件

①神経質な人

まず1つ目は、「神経質な人」です。

これが一番大事な条件といっても過言ではないかもしれません。

プログラミングは非常に繊細な作業で、
たった一文字間違えただけでもエラーになってしまいます。

 

細かいことが気になる人ほど、
問題に気付きやすいので

「神経質な人」が向いていると言えます。

 

 

②めんどくさがりな人

2つ目は、「めんどくさがりな人」です。

プログラマって実はめんどくさがり屋が多いんですよ!

この入力作業を人力でやるのめんどくさいから
プログラムで自動化しちゃおうとか、

もう何でもかんでも自動化…

その結果人力でやる作業が減り、効率があがる。
めんどくさがりというのも大事な要素です。

 

 

③コミュニケーション能力が高い人

3つ目は、「コミュニケーション能力が高い人」です。

これは意外な方が多いのではないでしょうか。

 

ただしここでいうコミュニケーション能力というのは、
「人付き合いがうまい」ことや
「面白い会話ができる」という意味合いではありません。

 

必要なのは、お客様の要望をしっかりと理解し、
それに対して適切な回答ができるという能力です。

なので「コミュニケーション能力」も大事な一つの条件になります。

 

④黙々と作業できる人

4つ目は、「黙々と作業できる人」です。

プログラミングは基本的にひとりで行い、高い集中力が要求されます。

 

なので自分の世界に没頭し、
黙々と作業ができる人が向いていると言えます。

 

⑤好奇心旺盛な人

5つ目は、「好奇心旺盛な人」です。

IT業界は日に日に新しい技術が産み出されています。

そういったものに興味を持ち、
取り入れる事で作業効率の向上や安全性にも繋がります。

 

何にでも好奇心を持ち、チャレンジできるというのも大事な要素です。

 

まとめ

今回は「プログラマに向いてる人の意外な条件」を紹介していきました!
あなたが想像していたプログラマ像と一致してましたでしょうか?

経済産業省によると、
IT人材は2030年には78.9万人不足すると言われています。

一人でも多くのIT人材が増えてくれたら幸いです!

ではまた次回!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る