UPSTARTSのぱみやすです

みなさんIT業界に転職を考えたことはありますか?

この記事を見ている方はIT業界に「転職をしようと悩んでいる方」や、「転職を決めたけど不安に感じている方」だと思います。

なので今回は「IT業界の転職で成功させる5つのコツ」を紹介します!

1. 目的を明確化する

まず、なぜIT業界に転職をするのか確にするのが重要です!

もちろん、今の職場が嫌だから転職をするわけで「目的なんてねーよ」と思う方もいると思います。

初めは、「今IT業界は流行っているから」や「給料があがるから」だけでいいと思いますが、徐々に明確化しないとほぼ挫折します。

IT業界は他の業界と比べ、専門知識が必要とされる傾向が強く、ついていけない場合があります。

なので、何があっても挫折しないという目的を持つことが重要です!

2. 情報収集

先ほどの目的を明確化するに繋がってきますが、どのような業界何をしたいか知るために情報を集めることは重要です!

IT業界と言っても様々な業界や職種があります!

例えば、デザイナーになりたいのであれば、Photoshop、Illustratorの知識は必要で、プログラマーならプログラミング言語の知識は必要です。

情報を集めれば自然に目的も明確化されるのでしっかり調べましょう!

3. スキルをつける

情報を収集し、目的がある程度決まったら必要なスキルをつけることが重要です!

当然のことながら、スキルは高ければ高いほど転職はしやすくなります

もちろんスクールに通ったり、資格をとれば有利になりますが、独学でも充分転職はできます!

ある程度でもいいのでスキルをつけておくのがいいと思います!

4. 転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用するメリットを3つ紹介します。

転職エージェントとは、人材紹介サービスのひとつ。求職者の転職をお手伝いしてくれるサービス

1. 豊富な求人からその人に合う企業をいくつか選んで紹介してくれる。

2. 企業サイトから直接応募したら落ちる人でも、エージェント経由だと内定を得ることができる。

3.エンジニアのキャリア形成について色々と相談することができる

自分個人の力では難しいと思う方はエージェントを使ってもいいと思います!

5. 面接必勝法を知る

IT業界に転職する時の面接で有利になる方法を調べておくことが重要です!

ここでは具体的な面接必勝法は割愛します。(お手柔らかに)

企業側は開発をする上で必要なスキルを持った人欲しいために面接を行います

なので、自分ができることを把握し、しっかり伝えることが重要です!

まとめ

はい、転職はなりたい状態に近づくための手段でしかありません。

自分がどのようになりたいかをしっかり把握してから転職をするのがいいと思います!

おすすめの記事