みなさんこんにちは!
アップスターツのSベンです。

これからエンジニアになろうとしている方で、
どんな企業で働けばいいのか?」と疑問を持つ方は多いと思います。
今回はおすすめの企業の特徴をお話していきます!

おすすめの業態

IT企業の業態を大別すると、

  • 自社開発
  • 受託開発(SIer)
  • SES

の3つになります。

この中で最もおすすめなのは「自社開発」の企業です。
自社開発とは、自社内でサービスを作っている企業のことを指します。

自社製品のため、
納期や完成品の形をある程度自由に設定することができます。
そのため残業や休日出勤が少ないのが特徴です。
また早い段階でエンジニアとして、
レベルアップできる仕事をふってもらえる可能性が高いです。

受託開発やSESの場合、他社との関わりが必要だったり、
派遣という立ち位置だったりするので、自社開発に比べて自由度が低いです。

僕自身、自社開発の企業で働いてきたことで、
自分でも納得のいく成長を遂げることができています。
これらの理由から自社開発の企業がおすすめと言えます。
ちなみにおすすめ順はこちらです。

自社開発 > 受託開発 > SES

会社の規模

会社の規模も、
就職先を選ぶ上では重要な指標となります。
大企業、ベンチャー、中小企業、スタートアップなど様々な種類があります。

今回は学歴別におすすめの規模を紹介しようと思います。

高学歴

まず高学歴の人は、
大企業よりもメガベンチャーを含むベンチャー企業がおすすめです。

大企業の場合、安定感はありますが既に型ができあがってしまっているため、
急な昇進や昇給は可能性が低いと思われます。
ですがベンチャー企業の場合はいい意味で型ができあがっていないため、
自分の頑張り次第で一気に昇進できる可能性があります。

競争率は高いですが、
高学歴の人はぜひ挑戦した方がいいでしょう。

低学歴

次に低学歴の人は、中小企業がおすすめです。

僕も学歴が無いのでわかりますが、
低学歴の人がいきなり大企業やメガベンチャーに就職することはほぼ不可能です。
なので中小企業でスキルを磨き、
フリーランスになるというのが稼ぐための手っ取り早い手段だと思います。

学歴が無くても、働き方を工夫すれば稼ぐことができます。

実績が作れそうな企業を選べ

エンジニアとして転職していくにしろ、フリーランスになるにしろ
重要になってくるのは「実績」です。

面接時にこの人はどのレベルのスキルを有しているかの判断材料になるからです。
なので早い段階で実績を作ることができれば、
転職でもフリーランスになる場合でも有利になるということです。

面接時に聞いてみてほしいのが、
私が御社に就職した場合、どのような仕事をやることになりますか?」という質問です。

主に運用・保守です」という回答の場合は、
有利になる実績を作れる可能性は低いです。

プロジェクトが進んでいて開発に入ってもらいます
という回答の場合は、実績を作れる可能性大です。

この質問をしてみて、
実績が作れそうな回答が返ってきた企業をおすすめします。

※注意点
運用・保守が実績にならないというわけではありません。
効率よく実績を作るには、
プロジェクトなどを経験した方が有利になるということです。

まとめ

今回の内容を簡単にまとめると
自社開発の企業かつ、なるはやで実績が作れそうな企業に就職するべし」です。
企業によってエンジニアとしての命運を大きく左右される場合があるので、
働く企業は慎重に選んでいきたいところですね。

おすすめの記事