この記事見てフリーランスにならないやつおる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

みなさんこんにちは!
アップスターツのSベンです。

人間であれば誰しも
稼ぎたい」という欲望があるかと思います。
今回は稼ぎたいと思っている会社員エンジニアは、
なぜフリーランスにならないの?というお話をしていきます。

実際にフリーランスになってみて

僕自身少し前まではフリーランスになるつもりはありませんでした。

その理由は仕事にありつく手段が
「個人で営業する」もしくは、
「クラウドソーシングから探す」しかないと思っていたからです。

今の自分にはコネもないし、
クラウドソーシングでいちいち仕事を受注するのも手間だなと思っていました。
ですが調べているとエージェントというサービスがあることを知りました。

僕は石橋を叩いて渡るタイプなので、
エージェントやフリーランス、個人事業主などについて徹底的に調べました。
その結果、エージェントを使えば
仕事に困ることは無いし、収入も上がると確信しました。

ネットの情報で頻繁に挙げられていたデメリットとして
「お金周りは自己責任で確定申告などが手間」というものがありましたが、
そのデメリットは「お金のいい勉強になる」というメリットに転換してしまえば、
僕にとってもうフリーランスにならない理由はなくなりました。

周りにフリーランスとして働いている人がいなかったため、多少の不安はありましたが、
実際に飛び込んでみるとやはりその世界は、事前の調査通りの結果でした。

なぜエージェントを使うと仕事が途切れないのか?

エージェントを使えば仕事が途切れない
と言いましたが、その理由をお話します。

エージェントを利用した場合の収入の仕組みは、
企業からエージェントに報酬が支払われ、
エージェントの取り分を差し引いた残りが自分の収入になります。

エージェントは企業から得た報酬の一部をマージンとして取得し、
その分がエージェント側の利益となります。
なのでエンジニアが未稼働の状態になってしまうと、
エージェントはマージンを得ることができず利益が下がってしまうため、
エージェント側はエンジニアの仕事が途切れないようにするということです。

これはあくまで僕個人の見解であり、
直接エージェントの人に聞いたわけではないですが、
エージェントというフィービジネスの構造を考えると、
この見解に間違いはなさそうですよね。

お金のいい勉強になる

日本ではお金の話をすること自体がタブーとされる風潮があります。

しかしお金の勉強をしないと、
お金持ちがどんどんお金持ちになっていく
資本主義社会において勝ち上がっていくことはできません。

なのでフリーランスになれば必然的にお金の勉強をすることになるので、
ある意味いい環境に自分を追い込むことになります。
人間は必要性を感じないと勉強意欲が起きないという習性があるので、
エンジニアでお金の知識を深めたい人にはもってこいの働き方と言えます。

マネーゲームを制する者は人生を制す
という僕の中の概念があるので、今後も知識を深めていこうと思います。

まとめ

エージェントを利用してフリーランスになった結果、
仕事に困らず収入が上がり、お金の勉強になるという、
僕としてはメリット尽くしの結果になりました。

僕に限らずフリーランスになった人はほぼみんななってよかったと思っていると思います。
フリーランスにならなくていい理由ばかり考えるのではなく、
稼ぐために一歩を踏み出す勇気を出してみてはいかがでしょうか?

→僕が利用しているフリーランスエージェントはこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る