フリーランスになる人が退職後すぐにやるべき4つの手続き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

みなさんこんにちは!
UPSTARTSのSベンです。

会社員からフリーランスになる場合は、
退職後にやらなければいけない4つの手続きがあります。

僕自身実際やってみて結構めんどくさかったので、覚えているうちに記事にしておこうと思いました。
これからフリーランスになる人のためになれば幸いです。

①年金の切り替え

会社員時代は「厚生年金」に加入していましたが、
退職後は「国民年金」へ切り替える必要があります。

切り替えの手続きは市区町村役場ですることができ、期限は退職日から14日以内です。

必要なもの

・年金手帳
・退職日がわかるもの(離職票等)
・印鑑
・身分証明書

②保険の切り替え

会社員時代は「社会保険」に加入していましたが、
退職後は「国民健康保険」もしくは「任意継続」に切り替える必要があります。

国民健康保険

こちらも市区町村役場で手続きが可能で、期限が退職日から14日以内です。

必要なもの

・健康保険の資格喪失証明書
・自分と扶養家族のマイナンバーがわかるもの(住民票や通知カード等)
・印鑑
・身分証明書

「国民年金への切り替え」と「国民健康保険への切り替え」は、
両方とも市区町村役場で行えるので、同時に手続きすることをおすすめします。

「離職票」や「健康保険の資格喪失証明書」は退職後に会社から送られてくるので、それを窓口で提出します。
どれかわからない場合は、
会社から送られてきた書類をすべて持っていけばいいと思います。

任意継続

退職しても会社の健康保険をそのまま引き継げるのが任意継続です。
任意継続の有効期間は最大2年間です。

国民健康保険か任意継続でどちらが安くなるかは人によって異なってきますので、
自分で調べるか役所や協会けんぽに相談した方がいいと思います。
ちなみに僕は任意継続にしました。

手続きは協会けんぽ支部に郵送、または窓口へ直接提出しにいくかのどちらかになります。
こちらの期限が退職日から20日以内となっているのでお気を付けください。

郵送で手続きする場合は下記のページをご参照ください。
協会けんぽへの申請書

郵送で必要なもの

・封筒(長型3号)
・切手(82円)
・印鑑
・住民票
・身分証明書のコピー

③個人事業の開業届出書、④青色申告承認申請書

こちらの2つの手続きは「開業freee」を使えば驚くほど簡単に手続きすることができます。

【開業freee】個人事業の開業届出書

【開業freee】青色申告承認申請書

各提出期限は、
個人事業の開業届出書は開業から1ヶ月以内で、
青色申告承認申請書は開業から2ヶ月以内となっています。

開業freeeを使えばものすごく簡単なので、郵送での手続きをおすすめします。

郵送で必要なもの

・封筒(長型3号)×2
・切手(82円)×2
・印鑑
・自分のマイナンバーがわかるもの(住民票や通知カード等)

まとめ

以上の4つの手続きを行えば会社員からフリーランスへの切り替えは完了です。
少々めんどくさいかもしれませんが、
1円でも多く稼ぎたいのであればこういった手続きはちゃんとしておかねばなりません。

またこれらの手続きで生じたお金は恐らく経費になるので、レシート等は必ず取っておいてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る